プリザーブドフラワーのお手入れ

こんにちは、当店の店長を務める田中です。記念日などにプリザーブドフラワーを贈りたいと思っても、お手入れの手間が心配ですね。プリザーブドフラワーは生花よりは手間がかからないと言われていますが、実際にはどのくらいのお手入れが必要なのでしょうか。詳しく紹介します!

【プリザーブドフラワーとは?】

プリザーブド、というのは英語で保存されたという意味です。そのためプリザーブドフラワーは保存された花ということで保存しやすいように加工がされています。

生花のうちに色素を抜いて特別な染料を吸わせているため色が鮮やかですし、特殊な技術で長期保存が可能になっているので生花よりもずっと長持ちをします。長い間美しい状態を維持することができるので、お祝いや記念日など特別な日に贈る花に選ぶと記念に残すことができて喜ばれます。

・ドライフラワーとの違い

長期保存できる花といえばドライフラワーが有名です。ドライフラワーとプリザーブドフラワーはどちらも長持ちする花ですが作り方が違います。

ドライフラワーは乾燥させますが、プリザーブドフラワーは水分を抜いた後保存液を吸わせてから乾燥させています。ドライフラワーは特有の乾燥したシワや色あせがありますが、プリザーブドフラワーは瑞々しさを残すことができますし着色できるのでとても鮮やかです。

【プリザーブドフラワーのお手入れのコツ】

水やりをする手間がないので、プリザーブドフラワーはそのままにしておいても大丈夫と思われがちです。しかし飾っているとホコリが溜まるので、ホコリの対策だけはしておきましょう。

メイクで使うブラシなど先が柔らかい素材を使ってホコリを取ると花を痛めることなくホコリが取れます。花びらが傷つかないようにブラシの毛は柔らかいものにするのがポイントです。

・プリザーブドフラワーは水やりしなくていい

生花ではないのでプリザーブドフラワーは水やりの必要がありません。水をかけたり湿度の高いところに置いたりすると、近くにある壁や家具に色がつく可能性があります。状態を維持するためにも、風通しが良く直射日光のあたらない場所に置いておきましょう。

・ホコリはこまめにとるようにする

プリザーブドフラワーを飾っているとホコリが溜まってくることがあります。ホコリがつくと見た目にも良くないですし、湿気がついてしまう原因にもなります。そこでホコリがついたら定期的に落とすようにしましょう。

プリザーブドフラワーは生花と同じで花びらがちぎれることもあります。そのためホコリを取る時にはメイクで使うブラシで優しくホコリを落とすようにすると花を痛めずホコリを落とせます。

まとめ

プリザーブドフラワーは水やりの必要はありませんが、長持ちさせるためにはお手入れも必要です。ぜひ保管場所やホコリに気をつけて美しい状態を長持ちさせましょう。当店ではプリザーブドフラワーのお手入れに関する商品も扱っているので、ぜひ見てみてくださいね。

admin