プリザーブドフラワーの保存方法

こんにちは、当店の店長を務める田中です。プリザーブドフラワーをもらったらできるだけ長く良い状態で保存しておきたいものですよね。最近では結婚式のブーケでも長持ちさせるためにプリザーブドフラワーを選ぶ人も多いです。どのように保管すると長くきれいな状態を保てるのでしょうか。

【プリザーブドフラワーの保管方法】
プリザーブドフラワーは生花のように花が枯れることはありません。そのためずっときれいな状態を維持できるように思っている人もいます。
しかし直射日光や乾燥の影響で、少しずつ花は痛んでいきます。年月が経つにつれて色も褪せていきます。そこで長持ちさせるためには保管方法がポイントです。

・プリザーブドフラワーを長持ちさせる保管方法
プリザーブドフラワーの色抜けの原因は直射日光に当たることです。そこで、できるだけ直射日光のあたらない場所に飾るようにしましょう。生花と違いプリザーブドフラワーには水が厳禁です。
水やりをしないのはもちろんですが、湿度の高い場所に置くのも花びらが傷む原因になります。湿度があると花びらが半透明になり元に戻らないこともあるので気をつけましょう。
管理で難しいのが乾燥しすぎるのも良くないことです。乾燥しすぎると花びらが切れたりひび割れたりするので、エアコンの風は直接浴びないように気をつけましょう。

【プリザーブドフラワーを長持ちさせるコツ】
プリザーブドフラワーをきれいな状態で保管するためには手間がかかります。そこでそのままむき出しのまま飾るのではなく、ケースに入れて飾るのがおすすめです。

・ブーケケースを使う
コレクションケースのような透明のケースを使ってプリザーブドフラワーを飾るのがおすすめです。インターネットで検索すると様々なタイプのコレクションケースがあるので、自分の飾りたいブーケのサイズやデザインに合ったものを選びましょう。

・ガラスキャビネットに飾る
自宅にガラスキャビネットがある場合にはその中に入れて飾るのもおすすめです。飾る時にはブーケスタンドを使うときれいに飾れます。キャビネットの側面や裏側にブーケがついてしまうとプリザーブドフラワーの色が移ってしまうこともあるので、直接触れないように気をつけましょう。

・まとめ
プリザーブドフラワーはそのままでも生花のような状態が維持できるといわれていますが、やはりきれいな状態をキープするためには保存方法に気をつける必要があります。できるだけ長く美しい状態を辞するためには、そのまま置いておくよりもブーケケースのような容器に入れて保管するのがおすすめです。

admin