プリザーブドフラワーの魅力

こんにちは、当店の店長を務める田中です。プリザーブドフラワーは最近ではプレゼントの定番になりつつあるアイテムです。おしゃれで可愛いアレンジメントのものも増えています。とはいえまだまだ新しいものなので良く知らないという方も多いのではないでしょうか。ここではプリザーブドフラワーの魅力を紹介していきます。

【プリザーブドフラワーとは】

そもそもプリザーブドフラワーとはどういったものでしょう。プリザーブドフラワーとは生花でも造花でもない特殊なものです。

専用の液を使って生花の水分を抜いて乾燥させたもので、生花のような美しい姿を何年か維持することができます。水分を抜く時に一緒に着色をしているので生花よりも発色が良いですし、オリジナルで色付けしているものもあります。

・いつできたの?

プリザーブドフラワーが登場したのは1991年でまだまだ歴史は浅いです。一年を通して季節に関係なく美しい花を提供するために始まりました。その後各メーカーの製造競争が行われ、今では世界中で品質が高くバリエーション豊富なプリザーブドフラワーが入手できるようになっています。

【プリザーブドフラワーの魅力】

プリザーブドフラワーの最大の魅力は長持ちすることです。水やりなどの手入れの必要もなく生花のように枯れることなくきれいな姿が維持できます。そのためお祝いや記念日のプレゼントとして贈っても長く美しく飾ることができます。

・珍しい色の花が贈れる

プリザーブドフラワーは加工する際に、花の水分を抜くだけでなく色素も抜いて着色します。そのため普段見かけないような色の花を作ることが可能です。

ブルーローズやレインボーカラーの花はプリザーブドフラワーならではともいえます。他のところでは見かけないオリジナリティのある花や、アレンジメントを贈りたいという人には最適です。

・自分でも作ることができる

プリザーブドフラワーは特殊加工をするので難しい印象があります。しかし作り方は決して難しくなく、自分で花をプリザーブドフラワー加工することが可能です。

最近では自宅で簡単に作れるよう手作りキットも販売されています。そのため自分でプリザーブドフラワーを作って楽しむこともできますし、プレゼントしてもらった花をプリザーブドフラワーに加工して長く楽しむこともできるのです。

まとめ

最近ではプレゼントの定番となりつつあるプリザーブドフラワーは美しい状態を長くキープすることができること、珍しい色の花が作れることが魅力です。自分で作ることもできるので、最近ではもらった花をプリザーブドフラワーに加工したり、自分でプリザーブドフラワーに加工して結婚式のブーケを作ったりする人もいます。

admin